下地の事務所 竣工前検査

来週の竣工に向けて施工業者、設計事務所の竣工前検査を実施。

お施主さんの竣工検査前に必ず施工業者、設計事務所の検査を必ず行います。

仕上げ材(床、壁、天井)の汚れや傷、アルミサッシ、木製建具の動作確認、衛生器具、エアコン、換気扇の動作確認等などなど各部屋ごとに厳しくチェックを行います。

残り一週間。

うれしいようなさみしいような複雑な気持ちですが来週無事に事故もなく竣工を迎えます。

下地の事務所 外部足場撤去


外部足場も撤去されてようやく外観を確認することが出来ました。

今回外壁には上部(黒色部分)にはガルバリウム鋼板の小波板を横張りに、下部(白色部分)には窯業系サイディングのフラット板を横張りにしています。

イメージ通りの色が出てホッとしています。

下地の事務所 パテ処理

プラスターボードの下地材の継ぎ目部分には隙間があるため写真のようにパテで処理をしていきます。

このパテ処理が平滑でなかったたり、厚さが確保されていないと仕上げ材(塗装やビニールクロス)に不具合(凹凸が出たり、ヒビが入ったり)が出てきます。

当事務所では仕上げ材を張ってしまうと見えない箇所ですので仕上げ材を張る前には必ず確認を行います。

ただ大通りで頻繁に車が通る道路に面していたり、下地材の木材が収縮が大きく木材の反りが大きかったり、室内を窓を締切り冷房や暖房を年中フル稼働していたりと条件によってどうしてもヒビ割れが出てくることもあります。

工業製品ではありませんので不具合も出ます。不具合が出ればその都度対応はさせていただいています。

不具合をなるべく出さないためにも見えるところよりも隠れてしまうところを入念に確認することがやっぱり大切なんです。

下地の事務所 プラスターボード張り

下地材のプラスターボード張り工事も完了。

プラスターボードとは。

石膏やドロマイト(苦灰石)、石灰などを材料とする「プラスター材」を芯材にして、両側と側面をボード用紙で覆ったものです。

一般的に住宅などの壁や天井の下地材に使用されています。プラスターボードは、丈夫で断熱、遮音性に優れているという特性があるので、家をつくるうえで広く使われている建材です。

写真に未羅列

下地の事務所 内装工事

内装工事も順調。

定例会議後に現場の確認。

1階事務所スペースの天井には木格子を取付け、冷たい事務所のイメージを木の温もりで包み込むようなスペースとしています。

玄関ホールは会社の顔。

吹抜けとして天井高さを高く確保して作りこんでいきます。

まだまだ形が出来ていないのでこれからが楽しみです。

今はまだまだ大工さんの作業スペースになっています。

2階の会議スペース。

南側に配置して連続する窓から採光を確保して明るい会議スペースとなります。

まだまだ下地組工事も6割程度の出来。

これからがの仕上がりが楽しみです。

下地の事務所 外部廻り確認

外部廻りの確認のため、現場へ。

外部サッシ、庇など外部廻りの取合いについて現場監督さんと打合せ。

図面と照らし合わせしながら、ひとつひとつ確認を行います。

最近は天気も良く、外装工事も順調に進んでいます。

内装工事については天気の影響もないので予定より1週間程度、早い進み具合。

そのおかげで内装仕上げ、器具取付位置を急遽前倒しで決定。

うれしい悲鳴です。

下地の事務所 上棟式

7月の長引いた梅雨のお陰で大幅に工期がずれ込みましたが何とか8月中に上棟式を迎えることが出来ました。

上棟式とは、工事が棟上げまで終了したところで執り行う行事のことで棟上げ、建前ともいいます。

「棟上げ」とは、柱・棟・梁(はり)などの骨組みが完成したことをいいます。

骨組みが完成した区切りの時期に、ここまで無事に工事が進んだことへの感謝と、完成を祈願する儀式になります。

ですので上棟式を迎えると私自身の気持ちもいつも引き締まりますし、これから細かな納まりの検討、器具の設置位置の検討や外装、内装の仕上げの選定などやることがたくさん。

これからがいよいよ本番です。

下地の事務所 土間コンクリート

こちらも梅雨の影響で現場が2週間近く止まってしまいました。

何とか雨の合間に基礎、土間コンクリート打設は完了。

上棟に向けてこれからが本番。

当初の工程から2週間ずれこむ厳しい工程。

梅雨が明ければ夏本番!

暑い暑い、忙しい夏になりそうです・・・・・

下地の事務所 基礎配筋検査

基礎の配筋検査の実施。

コンクリートを打設してしますと見えなくなる基礎の配筋検査は私たち工事監理者にとっては大切な検査の一つになります。

図面通り配筋されているか、鉄筋の径は間違っていないか、コンクリートのかぶり厚さは確保されているかなど、一つ一つ確認をしていきます。

今回は当事務所のスタッフに経験を積ませるために確認させています。

下地の事務所 根切工事

土工事の一つ、根切り工事の着手。

土工事は、文字どおり「土」に関する工事です。土工事は「根切り」「山留め」「埋戻し」の三つに分けられます。

基礎などの地盤面より下の建築物を造るために土を掘る工事が今回の「根切り(ねぎり)」になります。バックホウなどの機械で土をすくいダンプカーに載せて埋立地へ捨てていきます。

8年前、私の自宅の根切り工事も施工していただい親方に久しぶりの再会!

お互い年をとりました・・・・・