富士見台の家 依頼

土間コンクリート×埋込み×アクセサリー

打設した土間コンクリートの状況。

表面の平滑に仕上げられており、まだ半乾きの状態。

今回は仕上げなしの土間コンクリート一発仕上げ。
どんな表情になるかドキドキです。

アクセサリーも職人さんがキレイに埋込んでくれました。
少し割れているのが気になりますが・・・・不安?

富士見台の家 難題

床×埋込み×初めて

妻から写真にある陶器製アクセサリーを土間の床に埋めて欲しいとの依頼が舞い込んできました。
ハト?リス!
知り合いの方で小物を創作をしている方の作品だそうです。
土間コンクリート打設のどのタイミングで埋込む事ができるのか?
今度監督さんに確認。
上手に出来るか分かりませんがチャレンジしてみます。

富士見台の家 基礎配筋確認

基礎×配筋×しっかり確認

土間部分の鉄筋配筋状況の確認。
水色に見える部分は寒さ対策のため敷き詰めたスタイロフォーム(断熱材)です。

鉄筋など今写真に写っている箇所はすべてコンクリートで見えなくなる箇所です。
手抜きすれば手抜き出来てしまいます。
そのため我々のような第三者がしっかりと目を光らせて、設計図面通りに工事が行われて
いるか確認する必要があります。
そのためにも我々のような工事監理者が現場では必要になってきます。

富士見台の家 砕石転圧

砕石×転圧×しっかり確認

基礎工事の下地造りです。
砕石をしっかり転圧をして基礎コンクリートの基盤となる大事な作業です。

基礎工事。
字のごとく、家の基礎になる大事な工程の一つです。
完成すれば見えなくなるところが多いためしっかりチェックが必要です。
今見えている部分はコンクリートを打設してしまうので全く見えなくなる部分になります。

富士見台の家 地盤データ

地盤データ×安心×しっかり確認

前回立会いを行った、調査結果について地盤調査会社から地盤調査の報告書が届きました。データをもとに地盤の改良が必要かどうか判断していきます。

当事務所では地元の調査会社さんにいつも依頼します。
地元の調査会社さんであれば周辺の調査結果データや土地の特性や以前何があった土地なのか詳しいことまで把握しているので出来る限り地元の調査会社さんにお世話になっています。

今回は高須ボーリングさんご協力ありがとうございました。

調査結果は・・・
粘土質の良質な地盤であるとのことで今回は特に地盤改良等は必要はありません。

富士見台の家 地鎮祭

地鎮祭×祝い×お神酒

台風4号もすっかり通り過ぎ、一時はどうなるかと思いましたが
無事に地鎮祭を向かえることができました。

昔からお世話になっている神主さんにお祓いをしてもらって、
明日からいよいよ着工となります。

地鎮祭が終わり、神主さんから雑学を教えていただきました。
右についての語源が「お神酒」→「おみき」→「みき」→「右」になったそうです。
左については南を向いて朝日が出る方向すなわち「日出り(ひだり)」から「左」
になったとの事です。

富士見台の家 地盤調査

地盤調査×立会い×SS試験

計画敷地の地盤調査の立会い。

調査方法はスウェーデン式サウンディング試験(SS試験)で行います。
住宅規模で一般的に使用される調査方法です。

鉄の棒の先端に円錐形をねじったようなスクリューポイントを取り付けて
それを地面に垂直に突き立て、先端のスクリューポイントを回転させながら
土に貫入させます。その際の澈の棒がを25cm貫入させるのにハンドルを
何回転させたかで土の強度を調べる方法です。

計画建物の四隅の4ヶ所と中央の1ヶ所の合計5ヶ所の調査を行います。
費用は4~5万円で出来ます。

いくら丈夫な家を作っても、地盤が弱ければ全く意味がありません。
地盤が弱いか強いかについては感覚ではなく、実際調査をし確実なデータを
手に入れることが一番重要なことです。

「ここは山を切り崩した土地だから大丈夫!」
「地震が起きても大丈夫だったから!」
「近所の人が強いって言ってたから頑丈だよ!」

これが一番危険です。
実際、この土地も親が「山を切り崩した土地だから地盤はすごい固いから!」っと言っていましたが
実際結果は中の中!
可もなく不可もなく。もちろん地盤改良が必要な程ではないですが、しっかり調査する事をお勧めします。

富士見台の家 更地

解体完了×更地

解体工事が無事に完了しました。
建物がなくなり更地になり、すっかり昔の面影がなくなってしましました。

いつも見慣れた風景がそこにないのは寂しくもあり、何か不思議な感じです。
近所の方々がどうなるのか興味深々で聞いてきます。

近所の方々:「ビルが建つの?」

私:「えっ!ビルは建ちません!」

30年間、家族を守り続けてくれた家がなくなり寂しい気持ちと共に、昔の家に笑われないように、これから半年間しっかりとした家を造っていきます。

富士見台の家 解体完了

解体3

建物の解体作業も進み、敷地から運び出すだけの作業になりました。
地元解体業者のカイテックさんご丁寧な仕事ありがとうございます。

解体2

建物がなくなると、うちの土地ってこんなに大きかった?
と思ってしまいますが気のせいですね!