牛川の事務所 鉄骨建方完了

鉄骨建方の重要性。

一つの建物を組み建てていくにあたり、まずはしっかりとした骨組みを作ることが必要です。

この骨組みがないと、建物そのものを造ることができません。 鉄骨造の建物では建物の骨組みを造る上で、最初にあたる重要な工程です。

鉄骨が組み上がっていって初めて、次の作業に進めることが出来ます。

建物の基盤となる鉄骨は、耐震補強にも欠かすことのできないため、必要不可欠な工事になります。

そのために私たち工事監理者はこのタイミングで適切に施工されているか現地確認を行います。

羽根井本町の家 地盤調査

新規計画物件。

計画するにあたり、地盤調査の実施を行います。

ここは山を切り崩したところだから地盤は強いだろ?

とか

近所の方がここは地盤が固いから大丈夫!

信用してはいけません。

しっかり調査をしてデータを出して地盤が弱ければ最適な補強を行う。

建物をしっかり作っても地盤が弱ければ意味がありません。

人も家も足元をしっかり固めることから始まります。