富士見台の家 杉板現し

杉板×現し×こだわり

今回は天井の懐をつくらず、天井仕上げに使用する杉材を現しにしています。理由は簡単で木が好きだからではなく、どうしてもこの素晴らしい材料を表に出し、木が組み上がる力強さも表に出してデザインしたかったからなんです。

昨今の住宅は表面だけの仕上げに目が行き過ぎていて構造材については
上棟式が終わるとだんだん見えなくなり、最終的には全く姿、形も見えなく
なる住宅が多くみられます。

もっと構造材が組み上がった時の力強さや繊細さ、素材が持つ特徴を
表現したいと思い、今回「木造打放し」の住宅を設計しています。

それでも施工は設備屋さん泣かせで
梁を現しにするため天井の上で電気配線工事となるため
照明の器具の位置や大きさもこの時点で失敗が許されない状態です。
一つ一つ時間を掛けて確認です。

P1050104.jpg

大きく跳ねだした屋根庇良しの仕上げもまた杉材を使用します。

P1050105.jpg

現場に来る職人さんに「良い木使ってるね~」と言われるたびに本当に材料にこだわって良かったなぁ~としみじみ感じました。一生に一度の大きな買い物です。これからも妥協せずこだわりをもった家造りを目指していきます!