羽根井本町の家 外壁下地完了

外壁下地のダイライト(耐力面材)も張られ、防水紙張り、アルミサッシ取付けも完了。今年の長い長い梅雨時期の工事の遅れを取り戻す速さで現場が順調に進んでいます。

後は外壁に使用されるガルバリウム鋼板、杉板張りのみ。

まだまだ内部製作建具や家具の仕様や形状の確認、電気照明、コンセント、スイッチ位置に住設器具、衛生器具などなどの確認。

まだまだ決める事、確認することが山積みですが、お施主様も楽しんで家づくり参加していただき、嬉しい限りです。

家を作りは一人では形にすることは出来ません。

お客様、設計者、現場監督、大工さん、各工事の関係者の皆さんの想い、知恵、技術が集結してこそ、素晴らしい家が完成するものだと思っています。

これからもチーム一丸となってで時には厳しく、そして楽しく家づくりに取り組んでいきたいと思います。