富士見台の家 法22条地域

外壁の下地材の張り込み中です。

今回建設地は22条区域といわれる地域になります。
防火地域、準防火地域以外の地域になり、皆さんの地域も市街化区域で
あれば概ねこの地域の該当するはずです。
22条区域内の木造建築物等は、外壁で延焼のおそれのある部分を、
準防火性能を有する土塗壁等の構造としなければなりません。

延焼のおそれのある部分以外であれば、防火上の制限はないので外装を
木材にすることができます。

今回は延焼の恐れのある部分の外壁に木材を張るため、メーカーで防火認定が
取られている仕様にて施工を行います。

また屋根にも防火指定があることはご存知でしたか?
防火地域、準防火地域、22条区域では、屋根は飛び火に対して燃え広がらない
ことや抜け落ちないことが必要です。
一般的には、瓦等の不燃材料を葺きますが、燃えにくい加工をした木材でも、火の粉
により燃え広がらないこと、燃え抜けないことが確かめられれば使用できます。

それでは延焼のおそれのある部分とは何か?
隣接する建築物等が火災になった場合に、延焼する可能性の高い部分のことで、
隣地境界線又は前面道路中心線から、1階は3m以下、2階以上の場合は5m以下
の距離にある部分のことをいいます。