羽根井本町の家 チラシ作り

12月5・6日に開催するオープンハウスのチラシ作成のためにチラシ用の写真撮影に。

プロではないので、なかなかいつもイメージ通りのものにはなりませんが、そこはカメラの力を借りて撮影開始。

電柱、電線、車に人と障害物がたくさんありますがそこは帰ってから編集。

何とか納得いく写真が撮れました。

柱七番町の家 基礎コンクリート打設

コンクリート打設は朝が早いです。

8時半からの立会い。

コンクリート打設前に工事監理者立会いの元、品質検査を行います。

スランプ試験・・・・コンクリートの流動性の確認。

空気量試験・・・・コンクリート内の空気量の確認。

塩化物試験・・・・コンクリート内の塩含有量の確認。

試験ピースの採取・・・・コンクリートの強度が出ているか試験ピースを採取して打設から4週間後に専用機器で強度測定をします。

コンクリート打設後には建方が控えています。

上棟式に向けて監督さんと最終打合せです。

柱七番町の家 基礎配筋検査

型枠組立前に基礎配筋の検査の実施。

防湿シートの敷き込み状況の確認。

たるみ、破れなど確認をしていきます。

立上り、土間鉄筋径、ピッチの確認。

アンカーボルトの定着長さの確認。

鉄筋の配筋はコンクリートを打設すると見えなくなる箇所になります。

工事監理者として見えなくなる箇所こそ一つ一つしっかり確認していきます。

羽根井本町の家 家具職人。

時間を見つけて本日は現場に据え付けられる家具の確認へ。

縁あって今回は小中同級生が働く家具屋さんにて製作依頼。

大将が一つ一つ丁寧に組み立てていきます。難しい注文にもこたえてくれてありがとうございます。

現場に取り付けられる日が待ち遠しいです。

羽根井本町の家 玄関タイル張り

前日到着した玄関用の六角形タイル。

色々メーカを探しましたが日本製では壁用の六角形はあっても床用は中々見つからず。

探しに探し見つけたのがサンワカンパニーの輸入品。

精度は日本製が一番ですが仕上がりは最高の仕上がり。

職人さんが悩みながらパズルのようにはめ込んでいきます。

手間のかかる施工。

いつもありがとうございます。

羽根井本町の家 内装工事

内装工事も仕上げ前の下地工事。

プラスターボードの継ぎ目処理施工中。

継ぎ目をパテで処理していきます。このパテ処理がしっかりしていないと仕上げにも大きく影響してきます。

一つ一つ丁寧に!

いつもありがとうございます。

お施主さん希望の六角形のタイルも現場に到着。

メイドインイタリー・・・・・。

やっぱり精度は日本製が一番です。職人さんも

羽根井本町の家 目隠し木塀

二面道路に接している今回の計画。

この家の顔になる(通りから一番目につく)箇所に設置した木製の目隠しパネル。目隠しパネルに使用した木には奥三河産の杉板を使用。

ガルバリウム鋼板の白と杉板本来の素材の色。

やっぱり相性が良いです。

いよいよ来週頭には外部足場を撤去する予定。

引渡しまで残り一か月。