羽根井本町の家 現場見学

現場もお盆でお休み。

コロナ自粛でどこにも連れて行ってあげれないので社会勉強のために、息子と一緒に現場見学。

お父さんの仕事に少しでも興味をもってもらって何か感じてくれると良いんだけどなぁ。

この後は約束したお菓子を買いにいこうか・・・・・

羽根井本町の家 上棟式

牛川の事務所の竣工式と重なり、15時過ぎに現場へ到着。

写真(上)のRC部分が駐車場になる予定です。現在は大工さんの休憩スペース、打合せスペースに活用しています。

16時半からの上棟式に向けて、すでに屋根下地材も伏せられ、建物の形が露わになりました。RC部分とのバランスも計画通りです。木組前はRC部分の高さが少し高かったかなぁ~と少し不安でしたが良い感じに仕上がりました。

これから外壁の色、屋根の色と決めることが増えていきます。

※今回外壁にはガルバリウム鋼板の中波板縦張り、杉板鎧張りになります。

無事に上棟式を迎えることも出来、気が引き締まる思いです。

事故がないように完成まで無事に建物が完成しますように引き続き菅沼建築の皆さんよろしくお願いします。

羽根井本町の家 建て方開始

現場に木の香りが漂う中、建方が開始されました。

木材は全て奥三河で育ったスギ、ヒノキを使用。

私が一目惚れした、愛知県新城市の昭典木材さんの天然乾燥材を使用しています。人工乾燥材に比べて、色つや、香りも全然違います。

お昼間に現場に向かいましたが、すでに1層目が8割程度建方完了。

明日の上棟式に向けて、現場監督の林さん、大工さんよろしくお願いします。

羽根井本町の家 建方前日

明日からの建方(柱、梁組)前に足場状況、断熱仕様等の確認のため現場へ。

今回の計画敷地には1.0m以上の段差、街中でスペースが狭いため、足場組、レッカー据付場所も限られてきます。

現場監督の林さんのお陰で何とか明日からスムーズに建方作業が行えそうです。

明後日の上棟式の際には建物のボリュームも分かる為、今から楽しみです。

無事に事故なく、上棟式が迎えることが出来ますように。

羽根井本町の家 給排水配管経路

給排水配管経路について8月7日上棟前の最終打合せ。

今回剛床仕様(構造用合板下地)のため床下地で床下が塞がってしまうので給水、排水経路、床下から立ち上がる位置の確認を現場にて最終確認。

今回、床に段差があるため、図面では通る予定だった給水管、排水管も現場では納まらない箇所が何個か・・・・

一つ一つ土間基礎の上を歩きながら経路の確認。

やっぱり現場で一つ一つ確認していくことが一番の近道!

後は空調のドレン管と冷媒管の経路の確認!

まだまだ本番はこれからです。

羽根井本町の家 基礎立上りコンクリート打設

雨の合間になんとか基礎立上りのコンクリート打設も終わり、8月上旬に予定している上棟式への準備へ。

長い長い基礎工事も全ての工程を完了。

これからいよいよ上屋の木組工事、大工工事に入っていきます。

予報では来週には梅雨が明ける予定。

台風が来る前に何とか外壁工事、屋根工事が終わりますように!

羽根井本町の家 現場確認へ

梅雨の合間の久しぶりの晴天。

ということで梅雨で2週間止まっていた現場の確認へ。

予定していた工事も梅雨のため延期。これから現場も追い上げ!

駐車場RC造は打設完了。次は木造部分の基礎、土間コンクリート打設。

まだまだ天気の影響がある工事ばかり。

どうか早く梅雨が明けますように。

8月の上棟に向けて現場で監督さんと今後の打合せ。

羽根井本町の家 脱型

脱型されたので現場へ。

綺麗に打ちあがり、ホッとしています。

まだまだ上部敷地の地盤改良、基礎、土間などなどコンクリート打設工事が残っています。今週から来週にかけて天気が悪そうなので工期が心配ですがこればかりは雨乞いをするしかありません。

上棟に向けてまだまだ気が抜けませんがこれからが楽しみです。

羽根井本町の家 RC造の駐車場

一部型枠が取れたので気になり現場へ足を運びました。

コンクリートの場合、型枠が取れるまで仕上がり状況が分からないので毎回ドキドキします。

何とか無事に隅々までコンクリートもいきわたっていますが、まだ全ての型枠が取れていないので喜べません。

まだまだ工事も序盤。

気が抜けません。

羽根井本町の家 コンクリート打設

あいにくの天気ですが、何とかコンクリートを打設できそうです。

今回は市街地ということもあり、生コン車、ポンプ車の設置には歩道を使用しての施工となります。

かなり現場が車に人にとパンパンな状況ですが何とか計画通りに施工出来そうです。

型枠が取り外されるのは1週間後。

楽しみです。