富士見台の家 地鎮祭

地鎮祭×祝い×お神酒

台風4号もすっかり通り過ぎ、一時はどうなるかと思いましたが
無事に地鎮祭を向かえることができました。

昔からお世話になっている神主さんにお祓いをしてもらって、
明日からいよいよ着工となります。

地鎮祭が終わり、神主さんから雑学を教えていただきました。
右についての語源が「お神酒」→「おみき」→「みき」→「右」になったそうです。
左については南を向いて朝日が出る方向すなわち「日出り(ひだり)」から「左」
になったとの事です。

富士見台の家 地盤調査

地盤調査×立会い×SS試験

計画敷地の地盤調査の立会い。

調査方法はスウェーデン式サウンディング試験(SS試験)で行います。
住宅規模で一般的に使用される調査方法です。

鉄の棒の先端に円錐形をねじったようなスクリューポイントを取り付けて
それを地面に垂直に突き立て、先端のスクリューポイントを回転させながら
土に貫入させます。その際の澈の棒がを25cm貫入させるのにハンドルを
何回転させたかで土の強度を調べる方法です。

計画建物の四隅の4ヶ所と中央の1ヶ所の合計5ヶ所の調査を行います。
費用は4~5万円で出来ます。

いくら丈夫な家を作っても、地盤が弱ければ全く意味がありません。
地盤が弱いか強いかについては感覚ではなく、実際調査をし確実なデータを
手に入れることが一番重要なことです。

「ここは山を切り崩した土地だから大丈夫!」
「地震が起きても大丈夫だったから!」
「近所の人が強いって言ってたから頑丈だよ!」

これが一番危険です。
実際、この土地も親が「山を切り崩した土地だから地盤はすごい固いから!」っと言っていましたが
実際結果は中の中!
可もなく不可もなく。もちろん地盤改良が必要な程ではないですが、しっかり調査する事をお勧めします。

富士見台の家 更地

解体完了×更地

解体工事が無事に完了しました。
建物がなくなり更地になり、すっかり昔の面影がなくなってしましました。

いつも見慣れた風景がそこにないのは寂しくもあり、何か不思議な感じです。
近所の方々がどうなるのか興味深々で聞いてきます。

近所の方々:「ビルが建つの?」

私:「えっ!ビルは建ちません!」

30年間、家族を守り続けてくれた家がなくなり寂しい気持ちと共に、昔の家に笑われないように、これから半年間しっかりとした家を造っていきます。

富士見台の家 解体完了

解体3

建物の解体作業も進み、敷地から運び出すだけの作業になりました。
地元解体業者のカイテックさんご丁寧な仕事ありがとうございます。

解体2

建物がなくなると、うちの土地ってこんなに大きかった?
と思ってしまいますが気のせいですね!

富士見台の家 解体開始

解体3

解体×開始×寂しさ

建物の解体作業も進み、敷地から運び出すだけの作業になりました。
地元解体業者のカイテックさんご丁寧な仕事ありがとうございます。

解体2

建物がなくなると、うちの土地ってこんなに大きかった?
と思ってしまいますが気のせいですね!

解体時に取り出した柱です。
この柱を使って家具?を作る予定です。
釘がたくさんついているので、取るのが大変そうです。
不器用な私で大丈夫か不安ですが・・・・

富士見台の家 既設建物解体

解体写真1

実はこの家、私が30年間共に成長し、お世話になった家です。
私が5歳の時からこの家にお世話になり、地元の大工さんに1年掛けて作って頂いた家になります。
昔ながらの竹木舞の下地、下塗り、中塗り、上塗りの土壁と大工さんの匠の技が盛り込まれた
素晴らしい家でした。

反抗期の際に扉、壁には穴をあけ・・・・
大変お世話になりました。

30年間お疲れさまでした。そして30年間家族を守り続けてくれてありがとうございます。

寂しい気持ちが込み上げてきますが、
ここからの工事をしっかりと行う事を考えると身の引き締まる思いです。

建物本体の解体工事も今週中には完了をして、
来週からは基礎コンクリート工事に入っていきます。
今まで使用していた、杉絞り丸太の床柱は取外してもらい、新しい建物の床柱に取付けます。

富士見台の家 解体

解体写真1

実はこの家、私が30年間共に成長し、お世話になった家です。
私が5歳の時からこの家にお世話になり、地元の大工さんに1年掛けて作って頂いた家になります。昔ながらの竹木舞の下地、下塗り、中塗り、上塗りの土壁と大工さんの匠の技が盛り込まれた素晴らしい家でした。

反抗期の際に扉、壁には穴をあけ・・・・
大変お世話になりました。

30年間お疲れさまでした。そして30年間家族を守り続けてくれてありがとうございます。

寂しい気持ちが込み上げてきますが、
ここからの工事をしっかりと行う事を考えると身の引き締まる思いです。

建物本体の解体工事も今週中には完了をして、
来週からは基礎コンクリート工事に入っていきます。
今まで使用していた、杉絞り丸太の床柱は取外してもらい、新しい建物の床柱に取付けます。