設計から完成までの流れ

家づくり全体のアドバイスから工務店の紹介、コスト管理、工事監理を行うトータルアドバイザーです。
お客様の夢を形にしていき、各種検査、工事監理を行い、お客様に安心して家をお引き渡しできる手助け
を行います。

設 計

1.相談
まずはお気軽にお問い合わせ、ご相談下さい。家づくりについてどのような想いやご希望をお持ちなのかをお聞かせ下さい。その際、当事務所の仕事の取組み方、こだわりなどをお話させていただきます。
※無料

2.計画依頼・ご提案
当事務所と一緒に家をつくりたいとご興味がある方は、お話をお聞かせ頂き、
ご提案をさせて頂きます。
図面、模型、パースなどでのご提案となります。

3.設計依頼・仮契約
内容を気に入っていただけましたら、
この時点で仮契約をさせていただきます。
※仮契約後は費用が発生しますのでご注意下さい。
※仮契約前に書面(重要事項説明書)にて設計内容の説明をさせていただきます。



4.基本設計・委託契約
プランを基に図面(平面図、立面図、断面図)を作成していきます。1~2週間に1回の打合せを行い形を決めていきます。 具体的に形が出来てきましたら、模型・パース等を作成していき、よりお客様に分かりやすい提案をしていきます。 お客様の納得いく形にできましたらこの時点で設計監理委託契約を結びます。 基本設計案を基に概算見積りを出し、予算を含めて検討を重ねていきます。

5.実施設計
基本設計案を基に実施設計に移ります。 実施設計に入りますと、細かな部分(キッチンの仕様、浴室の仕様、収納の仕様等)を図面化していきます。
30~40枚程度の図面を作成していきます。
規模にもよりますが1~2か月程度お時間を頂いております。

6.施工会社への発注・選定
実施設計図を基に施工会社への発注となります。
見積り依頼をする施工会社の選定を行います。
お知り合いの施工会社がない場合は信頼のおける施工会社をこちらから
ご紹介いたします。
施工会社から提出された見積り内容が適正かどうか査定をいたします。
※見積り期間約0.5カ月間  査定期間0.5カ月間


7.建築確認申請業務
仕様のすべてを確認し、工事内容、工事請負金額が決定した時点で、確認審査機関への建築確認申請の手続きを行います。
※約0.5カ月間(木造2階建て住宅の場合)
※申請機関への申請手数料は別途いただきます。

8.施工会社決定・工事請負契約
施工会社の決定をし、施工会社と工事請負契約を結びます。
予算オーバーの場合は金額の折り合いがつくまで調整を行います。


 

工事・監


1.工事着工
地鎮祭を行い工事がスタートします。
工事着手後は週1~2回程度の工事監理を行います。
また必要に応じてお客様にご相談、ご確認を行っていただきながら
進めていきます。

2.各工程検査
地盤、基礎鉄筋、コンクリート打設、木組み、金物、断熱材、防水、屋根、外壁、給水、排水配管(隠蔽部分)など 重要な部分が各工程でしっかり施工されているか立会い、検査を実施します。 また検査機関の中間検査、完了検査の申請、検査立会いを行い、検査結果の報告をさせていただきます。
※検査機関への申請手数料は別途いただきます。

3.竣工検査
床、壁、天井、外壁などがしっかり施工されているか、アルミサッシ、扉、造付家具、設備機器(キッチン、給湯器、バス、トイレ、手洗いなど)の動作確認等を行います。不具合がある場合には施工業者への手直し工事指示を行い 手直し完了後にお客様立会いのもと検査を行っていただきます。

4.引渡し・引越し
竣工検査完了後に引渡しとなります。引渡しの際には、施工会社より設備機器の取扱い説明、 完成書類、保証書、カギなどをお渡しさせていただきます。 この時点で工事費の清算などを行い、工事完了となります。
※工事監理報告書の提出をもって工事監理業務が完了となります。