牛川の事務所 捨てコン打設

杭の補強工事も完了し、捨てコンの施工完了状況の確認です。

捨てコンと聞くと何か余分な作業のように聞こえますが、基礎工事をしていく上で重要な工程になります。

捨てコンを施工する理由ですが基礎や型枠の墨出し、型枠・鉄筋の受け台として設けるもので、鉄筋のかぶり厚は建物の耐久性に最も影響を及ぼす要因であるので、捨てコンがないとスペーサが安定せず、部分的に鉄筋かぶり厚が不足する場合があります。

そのため基礎工事を行う上で大切な作業になります。

中郷の家 竣工

すべての工事が完了して竣工しました。

あっという間の7か月月間。

計画に約半年、工事に7か月。

良い家を作るためには時間が掛かります。時代と逆境しているかもしれませんが

当事務所ではお客様の思いを形にするためにゆっくり時間を掛けて良い家を作っています。

すべてはお客様のために。

楽しい楽しい時間をありがとうございます。

中郷の家 木製製作建具

木製×オーダー×建具

今回内部の建具は全て建具屋さんにオーダーで製作。

表層材の材種の選定から取手、引手をカタログから選定。

世界に一つしかない木製建具が完成。

写真の建具は杉材の赤身板にポリカーボネート(軽くて割れない)乳白色の板をはめ込んで製作。

リビングからの照明の光が乳白色のポリカーボネート板から柔らかくもれてとても綺麗です。